# オンプレミスエージェントの実行

オンプレミスエージェントでは、ネットワーク内で実行されているエージェントと、Workato のオンプレミスグループダッシュボード (opens new window)との間に有効な接続が必要です。

この接続は一時的に無効にしなければならないことがあります。たとえば、オンプレミスエージェントを再起動したり、アップグレードしたりする場合です。

# オンプレミスエージェントの無効化

オンプレミスエージェントを無効にするには、[Disable agent] を選択します。

オンプレミスエージェントを一時的に無効化 オンプレミスエージェントを一時的に無効化

# オンプレミスエージェントとの接続の再確立

Workato にオンプレミスエージェントを再接続するには、以下の手順を実行する必要があります。ご使用のネットワークのオペレーティングシステムに応じた手順に従ってください。

# Linux 64ビットおよび Mac OS X での実行

オンプレミスエージェントが Linux または Mac OS にインストールされている場合は、以下の bash スクリプトを使用してオンプレミスエージェントを実行します。

sh <INSTALL_HOME>/bin/run.sh

SSH を介してサーバーにアクセスし、シェルセッションから独立してバックグラウンドでエージェントを実行する場合は、最後に nohup コマンド (&) を追加できます。出力がログに記録されるように、> file_name コマンドを追加することもできます。

sh <INSTALL_HOME>/bin/run.sh > opa_output.txt &

OPA ログの詳細度は、設定に応じて異なります。詳細については、こちらを参照してください。

# Windows 64ビットでの実行

オンプレミスエージェントが Windows にインストールされている場合は、Windows コンソールアプリケーションまたは Windows サービスとしてエージェントを実行します。

スタートメニューで [Workato]、[Run Agent (console)] の順に選択し、オンプレミスエージェントをコンソールモードで実行します。

または、[Run Agent (console)] ショートカットを選択して、エージェントが指定された証明書を使用して Workato に正常に接続するようにすることもできます。

# Windows サービスの使用

インストーラーにより、エージェント (WorkatoAgent) は自動的に Windows サービスとして登録されます。ただし、エージェントは自動的に開始されません。サービス設定 ( [コントロールパネル] → [システムとセキュリティ] → [管理ツール] → [サービス] → [WorkatoAgent] ) に移動して、サービスの自動開始を設定してください。

# ログファイルの参照

オンプレミスエージェントが Windows サービスとして実行されている場合、ログファイルは %SYSTEMROOT%\System32\LogFiles\Workato で確認できます。スタートメニューの Workato グループには、Workato ログディレクトリへのショートカットもあります。

OPA ログの詳細度は、設定に応じて異なります。詳細については、こちらを参照してください。

# ログファイルの保存場所の変更

ログファイルの保存場所を変更するには、スタートメニューの [Workato]、[Service Wrapper Configuration] の順に選択します。[Logging] タブに移動すると、Log path を変更できます。

# オンプレミスエージェントの再接続

接続の再確立を終了するには、オンプレミスグループダッシュボードを開き、オンプレミスエージェントに接続します。

手順 説明
エージェントの有効化 Workato のオンプレミスグループダッシュボードで、[Enable agent] を選択します。
オンプレミスエージェントの有効化
接続の確立 Workato は、接続を確立するためのリクエストをオンプレミスエージェントに送信します。接続が正常に確立されると、ステータスは [Active] に戻ります。
オンプレミスエージェントの有効化